不動産担保ローンのリスクについて知っておこう

不動産担保ローンとは、お金を借りる側にとっては、低金利で長期間借りる事が出来るというメリットがあります。またお金を貸す側にとっても、担保があるため未回収のリスクを無くせるというメリットがあります。
お互いにメリットがあるローンですが、不動産担保ローンにもリスクがある事を理解しておきましょう。

不動産担保ローンのリスクについて

メリットの多い不動産担保ローンですが、いくつかリスクも存在します。
まず最も大きいリスクは、信用リスクです。
例えば、会社の資金調達のために不動産担保ローンでお金を借りるとしましょう。
不動産担保ローンでは、不動産を審査し基本的に不動産売却価格よりも、低い金額しか融資してもらう事が出来ません。
まして会社の経営が危ない場合は、経営利益が赤字だと判断されると融資額は不動産価値よりも大幅に下回る額しかローンを組む事が出来ません。

つまり不動産担保ローンとは、不動産価値分のお金を融資される訳ではなく、そこに信用リスクを考慮した金額の融資額になるという事を理解しておきましょう。

そのため会社の経営が悪い状況で、低い融資額しか受ける事が出来なかった場合、不動産は正当な評価をされていません。
そんな状況でもし返済が滞ってしまった場合、担保は安い価格で債権者に競売にかけられてしまいます。
そうなると、会社も不動産も財産を全て失うリスクがあるという事を理解しておきましょう。

悪徳業者に騙されるリスク

また不動産担保ローンの融資をする業者の中には、悪徳業者が存在します。
悪徳業者の場合は、色々と理由をつけて高い金利で設定していたり、不動産に対してあまりに安い融資額しか貸してくれない場合があります。
そのため、状況によっては時間のない中で不動産担保ローンを求める場合、とにかくすぐにお金を貸してくれるところを焦って選びがちです。

しかし高額な融資で大切な不動産を担保にするからこそ、きちんと優良業者を選ぶ必要があると言えるでしょう。